深大寺散策 2014/10 その1

9月に深大寺散策をしてからすっかりお気に入りに…月1度ペースでも行きたくなる場所でしたが、ひとまず通年の四季を感じるために再び訪れました。前回は9月だったので、約1カ月ぶり(笑)

今回は吉祥寺から京王バスで神代植物園前まで行き、前回知らなかった「植物多様センター」へ向かいました。メインの公園とは別の敷地に奥多摩、武蔵野、伊豆諸島の3つの園があり、講義や学習ができる場所になっています。


入って早々、すすきのお出迎え。沢山のどんくりと小さな産まれたばかりのトンボ?に秋を感じましたね~。こちらも時間をかければゆっくり勉強できる場所でしたが、ゆっくりはできなかったので、ざっと周りました。


前回も正門から入ったのですが、多様植物センターと正門の間の横断歩道には立派な楠がそびえたっていました。樹齢120年ほどだそうで、下から見上げると大きさに圧倒されます。晴天だったので、緑の木洩れ日がとても綺麗でした!!


正門を入ると大量の菊がお出迎え。昔、人形菊等見たことがあり余り好みませんでしたが、この展示はとても素敵でした。神代公園で行われる「菊花大会」の始まりだったようで、芸術作品とも思われる菊が何鉢も飾られていました。中でも珍しかったのは右下の写真。花弁の形を整える為のものなのか?花弁の中綿が置かれていました。他にも花の形を成形する為の支えがあり、製作過程を初めて知りました。


今回の目的は「バラ園」。10月はバラの見ごろと知り、広大な敷地にあるバラを見るのを楽しみにしていました。…とその前に植物売店に立ち寄り、おばちゃんに「ダリア園は見てきたか?」と言われ、そちらも見ごろが終わる時期と知り、ダリア園へ向かいました。



色とりどりのダリアがとてもかわいい!大ぶりなものから小さいものまで、初めて見ました。ダリアも沢山の種類があるのですね~。カメラや三脚を片手に撮影をしている方も沢山いらっしゃいました。

今回の目的地…「バラ園」へはいつたどり着くやら…つづく