深大寺散策 その2

昨日に続き、散策話です。

噴水もあった素敵なバラ園を後に、雑木林を抜けて梅園へ…。葉っぱのみが茂っていましたが花咲く季節を想像するだけでも素敵な場所というのが解ります。こちらも数種類の梅が植えられていました。そして隣りの「さるすべり」。太い幹はよく見る柄でしたが、花を見たのは初めてでした。かわいらしい花を咲かせるのですね。


その向かい側にはつばきが立ち並ぶ「つばき園」です。こちらもかなりの本数が植えてあり、花が咲くと立派でしょうね。

ここまででざっと40分くらい歩いたでしょうか…。時期を狙えばもちろん、もっとゆっくり堪能できる公園です。

つばき園は植物園の「深大寺門」側に位置します。ここから深大寺周辺散策が始まるのですが、込み合う前の時間だったのでそば屋へ向かいました。


下調べをしており、向かった先は「湧水」タイミングよく入れましたが、混み合うのが解ります。続々と駐車場も満車になっていましたし、お蕎麦ももちろん!てんぷらもおいしかったです。伯父がプロ顔負けのそばを打つのでそれに匹敵するくらいのおいしさでした。

その後、深大寺周辺を散策したのですがこじんまりしたお寺なのでさらっと見る事ができました。山門前の雰囲気はとても素敵です。こういう風情ある景色って日本ならではですね。

深大寺でお参りを済ませ、もう一か所の「水生植物園」へ…


湧水が流れ込み、小川や湿地帯になっている公園。とても綺麗で心が洗われます。入ってすぐにスイレンの葉が浮いており、花咲く見ごろは綺麗でしょうね~。ヒガンバナもあちらこちらに咲いていて、緑の中に赤い花が際立っていました。昆虫の鳴き声や小鳥のさえずり、ふと足元を見るとバッタも飛び回っていました。解りますか?


小川をぐるっと散策した後、少々山登り…と言うほどではありませんが、小高い山の上は深大寺城跡地を見る事ができます。そこには、地元小学生が栽培している「そば畑」があり綺麗な場所でした。

こんなに素敵な植物園がすぐ近くにあるなんて…年間通して四季折々の植物を楽しむ事ができるでしょう。毎月行きたいくらいです(笑)


最後の締めは…「深大寺温泉、湯守の里」で温泉につかりました~。真っ黒い源泉でじんわり体の芯から疲れも抜ける感じ…。お肌もつるつる気持ちよかったです。入浴後のビールはお決まり(笑)おいしいに決まってます!!

神代植物公園!自然を満喫できる最近にはないイチオシスポットとなりました。年内、また行きたいと思います!