深大寺散策 その1

先日の休日、深大寺と神代植物園に行ってきました!近隣には温泉もあると聞いていたので、ゆっくり時間をかけて…と念願の散策です(^O^)/

歩いてみたかったので、武蔵境から植物園まで歩いて行きました。50分もかけて(笑)予想以上に遠かった(-.-) …ですが、植物園に着けばそんな事も忘れ、すがすがしい気分になれたのでよかったです。


とにかく広大な公園、どちら周りで行くか検討しつつ、向かった先は芝生公園。天気は少し曇っていましたが、歩くのにはちょうどいい気温。そんな中、芝生の中央に見つけたものは…


高さ3メートルはありますでしょうか…パンパスグラス。イネ科の大型多年草。白の他にやや小ぶりの赤も茂っていました。


続いて向かったのは「はぎ園」。緑のトンネルが数か所あり、小さいはぎの花が綺麗に咲いていました。

季節的に植物が最も少ない時期なので、緑の公園という風景ですが、はぎだけでも数十種類、公園全体で45000種類もの植物があるそうです。


そして公園内でも有名なメインの「バラ園」。270種類ものバラが植えてあり、フランス・イギリスから40年以上も前に作られているものや中には50年以上前のものまで植えられていました。

正面に見える建物は植物園が誇る「大温室」。ちょうど今月から改修工事に入り、2年くらいは見ることもできないので残念でしたが、またの機会に!


階段上から見る景色もイギリス庭園を思わせるようなバラ園ですが、藤棚にベンチ…なんて「ここは日本?」と思わせるような風景です。藤棚に唯一咲いている真っ赤なバラを発見。満開時の5月には必ず来たい場所です。

深大寺散策なのに…深大寺の話がなく明日へ続きます…