メガネ作りの流れ

ご相談、予備作業、度数検査、加工調整、アフターフォローまでのメガネ作りをお受けした際のプロセスをご紹介します


相談

メガネはお仕事や家庭での日常生活、趣味等、使用する目的や場面 により適したフレーム、レンズの種類、度数が異なります。 信頼のできる専門技術者やスタッフが、お客様のメガネのご希望や用途を伺い記録を取ります。作成したデータは今後のフォローに 役立ちますので、当店を初めてご来店する際は、お使いのメガネを お持ち下さい。


度数検査

遠く用、近く用、遠近両用、パソコン用とお客様の希望の度数を検査します。見え方についてはご遠慮なく言って下さい。度数検査は快適なメガネをお作りする為に一番重要です。


フレーム・レンズ選び

良いメガネ作りの上でフレームとレンズ選びも大切なポイントです。 フレームにはデザインやカラーだけでなく、サイズ・材質・機能性など 様々な要素が関係します。ブランドのみに惹かれたり、ちょっと掛けた だけで決めるのは賢い選び方とは言えないでしょう。 レンズも材質・カラー・表面処理等、お値段も様々です。 ご予算を含めてご相談下さい。


加工前の予備作業 

お選びになられたフレームを顔に合わせ、納まりを調整したり瞳孔の位置を確認させて頂く事はレンズをカットする前の大切な作業です。お渡しの際も調整は致しますが、ご本人が受け取れない場合、この時ある程度の確認を行います。お使い頂き、具合が悪ければ後日お出かけ下さい。


加工作業 

測定で得られたデータに基づきレンズを発注、加工します。フレームの形で削られてくるレンズもありますが、ほとんどが丸いレンズの状態で届く為、店内で作業します。

レンズの光学的な位置出しや、穴明け、溝を掘ったりフレームの形状に合わせ加工しますので、精密で熟練を要求される作業になります。


最終チェック 

出来上がったメガネをお渡しする前に、度数・フレームのゆがみ、 カルテの記載がなされているか?最終チェックを行います。


お渡し 

出来上がったメガネの見え方を確認して頂き、細かなフィッティング 調整を行います。使用上のご注意やお手入れ方法なども説明させて 頂きますが、分からない事は心ゆくまでお尋ね下さい。

 


ご使用にならないと、不具合も解らない場合がございます。

見え方、掛け具合が悪い時はいつでもお出かけ下さい。

また、お買い上げ後のアフターフォローも万全に致しますのでご遠慮なくお申し付け下さい。