メガネの取り扱い方

知っているようで知らないメガネの取扱い方。お使い頂いている方も再確認を!


掛ける時

テンプル(つる)をきちんと開いて顔に沿わせながら
正面よりゆっくりかけて下さい。

 

外す時

テンプル(つる)を持って顔に添わせながら正面よりゆっくり外して下さい。

片方のみを持って無理に外すと破損・変形・ゆるみの原因になります。


置く時 

レンズ面を上向きにして置いて下さい。特に凸レンズの場合は

下向きにすると、レンズのキズが入ります。


拭くとき

拭く側のレンズの周辺を持って「専用メガネ拭き」で拭いて下さい。

拭く側と反対を持ったり、力を入れ過ぎるとフレームやレンズの

破損する事があります。特にふちなしフレームは要注意です。

 

 

 


レンズに異物やホコリが付着しているとき 

キズ止め防止の加工をしていてもまずは水で洗い流して下さい。その後、水分をティッシュペーパーで拭きとりメガネ拭きで拭いて下さい。

汚れがひどいとき

中性洗剤(食器洗い用の洗剤)を水に薄めた液で洗い流し、その後水洗いし上記同様拭きとって下さい。(石鹸、ハンドソープ等のアルカリ性や酸性の洗剤、シンナー等はコート剥がれの原因になりますので、使用しないで下さい)

 


メガネが濡れたとき 

すぐにメガネ拭きで拭いて下さい。そのまま放置するとレンズに水跡が

シミのようにつき取れなくなってしまいます。またフレームは金属部分の

錆や樹脂の変色・変質の原因になります。


持ち運びするとき、保管するとき 

持ち運びや長く使用しない場合は手入れをしたうえで図のようにレンズ部をメガネ拭きで包んでからケースに入れて下さい。また、保管の際は防虫剤、洗剤、化粧品、整髪料、薬品等の入った場所には保管しないでください。フレーム・レンズの変形、変色、変質、劣化の原因となります。メガネは使用しなくても経年劣化がありますのでご注意下さい。


フレームの種類によりネジ締め、ナイロンの糸交換等、点検が必要な

メガネもあります。超音波洗浄機でのクリーニングがてら月に一度は

お出かけ頂き、メガネ・レンズの点検を行って下さい。